カテゴリー:取材

「広報ゆざわ」の取材。

昨日、急遽、僕の出身地である、新潟県湯沢町の「広報ゆざわ」という、湯沢町役場から各世帯に配布されている広報紙の取材が入り、インタビューを受けてきました。

しかも、インタビュアーは、中学の同級生という、なんとも、懐かしい雰囲気の時間でした。

 

趣旨としては、「湯沢町出身のがんばっている人」という位置づけらしく、大変嬉しいご依頼でした。

 

湯沢町というのは、現在、5つの小学校と1つの中学校がありますが、子どもの減少に伴い、平成26年4月には小中学校が統合されます。

つまり、1年半後には、僕らが卒業した小学校がなくなるということなんです。時代の流れによって、やむを得ない事があるのは仕方ありません。

また、小学校からの9年間、同じ仲間と過ごすメリットは湯沢の未来を考えれば、確実にあると思います。

続きを読む

コメントなしこの記事のURL

ポリシー。

あっという間に9月に入りましたね。

少しずつ、風の匂いや日差しも秋の訪れを待ち侘びているかのような雰囲気を醸し出しています。

 

さて、9月は今年一番の「ポイント」となる月かもしれません。

もちろん、1日1日を大事にしていく姿勢は変わらないのですが、今月は、

続きを読む

コメントなしこの記事のURL

質問力を磨こう。

本日は、「PandA-J」(権利擁護や成年後見を主とした、雑誌です)の「南雲インタビュー」を行ってきました!

 

不定期で、このインタビューは行われているのですが、少しずつ、「インタビュー」というものをどのようにしていけばいいのか、

自分なりにわかってきた気がします。(まだまだではあるのですが・・・)

 

それまでは、取材を受けることはあっても、取材をすることはなく、ただ、話を聞いているだけになってしまい、

対談のような形が理想であるので、完全に不成立で、どうしたらいいか、かなり悩んだ時期がありました。

続きを読む

コメント(1)この記事のURL