カテゴリー:本

新刊、見本完成!

昨晩の東京は雷がすごかったようです。

眠れなかった人も沢山いるようでした。

しかし、今日は金曜日。あと、一踏ん張りですね。

 

さて、昨日、新刊見本が出来上がりました!

いや~感慨深いものがあります。自分の分身みたいなものですからね。

 

出版社の方と、今後の打ち合わせもしてきました。

軸として、もちろん、発達障害関係者にも読んで頂きたいですが、やはり、発達障害を知らない人達に主に読んで頂きたいと思っています。

僕の役目は、そこにあると思います。

講演のご相談も続々と来ています。

 

今年は、今までにない夏が始まりそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

南雲明彦

コメントなしこの記事のURL

新刊画像、先行公開いたします!

5月末の新刊発売にともない、焦りの色が隠せない南雲です。笑

 

さて、アマゾンでは予約が始まりました。

Amazon.co.jp: LDは僕のID ―字が読めないことで見えてくる風景: 南雲明彦: 本 

表紙画像や解説文は、近日中に追加されますが、このブログに訪れて頂いた方々には、表紙画像と解説文を先行公開いたします。

 

解説文:学習障害(LD)の一つ、ディスレクシア(読字障害)の当事者として啓発活動に全国を飛び回る27歳の著者が、初めて自分で綴るメッセージ集。「生きにくさ」と格闘した半生、その中で考えた障害のこと、支援のこと、社会のこと…。「世の中を変えたい!」熱い思いが読者の胸を打つ。

コメントなしこの記事のURL

新刊が校了を迎えました。

本日、2年前から少しずつ練り上げていた新刊の執筆がすべて、終わりました。

 

本のタイトルは、「LDは僕のID~字が読めないことで見えてくる風景」。

なんだか、あっという間にこの日を迎えました。

 

その間に個人的なことでいえば、腰の手術を2回ほどしたり、日本全体のことで言えば、東日本大震災が起こりました。

 

新刊の最後には震災のことにふれています。タイトルは「東日本大震災とファーストペンギン」。様々な思いを自分なりに詰め込みました。

 

来週、見本が出来上がるのが楽しみです。

コメントなしこの記事のURL